言語化し合う素晴らしさ

新しい彼ができました。最初から結婚を前提に付き合っています。

縦にも横にも大きな人で、思考や感受性の根本的な部分が私と似ています。

パートナーとして選んだので、恋愛部分が薄い。

だから、何でも言える。

 

そんな彼がうちでご飯を食べた後、もうすぐ誕生日の私に向かって言った。

 

「金盥さんの誕生日にプレゼントを買いたいんだけど」

「え、別にいいよ、無理しないで」

「でも、折角だし、お世話になっているから、買いたいです」

 

私の眼は泳いだ。

「えっと、この場合私はどう返したら良いのでしょうか。付き合っている人からそんなことを言われたことが無いので・・・」

「我慢してきたんだねえー。何が欲しいですか」

「何と言われても。。。。アクセサリーとか、実用品とか、色々ありますけど。。」

「実用品?」

「値段もピンきりですし。。。。あの、ぶっちゃけ、予算はおいくらでしょうか」

「そうですねえ・・・・」

 

だって、3万くらいのものをお願いして

「チッ!たけえな」と思われるかも知れないし、

1万くらいのものをお願いして

「なめてんのか」

と思われるかもしれないし。

 

「アクセサリーとか、嬉しいかな」

「アクセサリーは、僕が勝手に買うと却下されそう」

「そう思います!!」

「どんなアクセサリーがいいですか」

「好きなブランドがあります」

「え」(「ブランド」に怯える)

「そんなすっごいブランドじゃありません」

「宝石が好きなら御徒町で石を買ったほうが同じ値段でもずっと品質が良いと思います」

「石が好きなのではなく、デザイン重視です」

「(スマホをいじって)これは?」(なにかハートのネックレスの画像を見せる)

「絶対嫌です」

「(またスマホをいじって)これは?」(小さなダイヤのネックレスの画像を見せる)

「何カラット?」

「0.35です」

「嫌です!!」

「金かプラチナなら、いざとなったときそこまで値崩れしないと思うんだけど」

「そっち方向で考えてません!笑」

 

みたいな会話をしながら、お財布を選びました。

「これどうですか?あ!メルカリで新品が出てる!45300円、どうですか」

「メルカリで新品なんてあるの?」

「あります。頂き物が多い方は使わないまま売るんです」

「いいんじゃない?僕は最初から財布がいいなと思ってました」

「ポチりました!!ありがとう」

「次回会ったときにお金を渡すよ」

 

そんな、プレゼント。

 

友達に話したら

「後でお金もらうとか、そんなんでいいんだ」

と言われた。

 

もちろんです。

「私の好きなものを察し、サプライズでプレゼントせよ」

なんて、そんなエスパーみたいなこと求めません。笑

 

彼から、自主的に、「誕生祝いに、なにかプレゼントしたい」って言われたの、はじめて。

嬉しいな。嬉しいな。

 

嬉しいな。

 

おやすみなさい。

 

決定的な別れ

瘋癲さんのことはすっかり諦めて、せいせいしていた12月。

 

私が、重過ぎるんだ。

私だって適当にやれば良いんだ、それだけだわ。

会いたい時に会って、聞きたくない話は聞かない。

面倒だなと思ったら、動かない。

約束も当日キャンセルで、電話も、取りたくないときには、取らなきゃいい。

 

これって、二股くらいが一番バランス良いじゃないの。

私が何をしていようと、どうでもいい訳だし、そもそも私のことに興味無いし。

 

何度もそこまで考えているうち、凄く楽になって来た。瘋癲さんをしっかり見ていた手を離した。もういいや。彼がどこでなにをしてても、どうでも良いや。私もそうする。

 

一人で映画を観に行ったら、二人で行ったラーメン屋さんが映画に出てきた。

驚いて連絡した。

「またラーメンをご一緒しましょう」

と返信が来た。

ご一緒ね。はい。いつか、あなたの都合と気分とがラーメンに向かう瞬間、私が行けるようなことがあればね。もうきっと無いだろうけど。

 

瘋癲さんの研究に関係する一文を見つけたときは、嬉しくてすぐ電話してしまった。

驚くことに「あなたの家にいくよ」という流れになってしまった。

 

え。

瘋癲さんが家に来るって。

前から、うちに来るときは「テレビを見たいしね」って何度も言ってるから、

久々にテレビを見たくなったのかしら、それとも、自分の食べたい料理を一人で作りたくなったのかしら。

(家の台所は広いけど、彼は私の作ったものはあまり食べず、自分の食べたいものを自分で作る)

 

うちに来たって、来るなりテレビをつけてずっと見てるだけ。つまらないし、音はうるさいし、電気は消さないし、食べ物は無駄にするし、なにもかもやりっ放しで、注意すると「めんどくさいなあ」って言うし、なんだかもう、家には来て欲しくなかった。

 

しかし、珍しく瘋癲さんが押して来た。

テレビなのか、料理したいのか、性欲が溜まったのか。

押しが強くて、なんとなくその時は、うけがった。

当日断ればいいと思った。瘋癲さんがよくやるように。

 

当日、丁度良い時間に断ったら、珍しくメールが来て、最初からこうなることはわかっていました。当日に断るなんてあなたの気持ちが変わったのが一目瞭然、さようなら。と書いてあった。

 

流石瘋癲さんだ。

でもさ、当日に突然断るなんて、瘋癲さんが普通にやってることじゃない。

変に思った。

 

そのあと、長いメールを送った。

 

電話に出てもらえなかったり、面倒臭がられたりすることが悲しかったけど、あなたはもう私にメッセージの返信をするほどの時間を取る気も無いんだなと理解しました。ただ都合の良い時に会うだけなら、私もそのくらいの軽さになれば良いんだと思いました。出会いサイトを再開して、他の人と会うし、寝ます。

それに伴ってあなたに対して、美味しいものを食べて欲しいとか、身の回りの世話をしたいと言う気が全く無くなりました。身の回りの世話をしたく無い人を家には入れたくないので、会うなら外で会いましょう。もしあなたの家で会うなら、汚なすぎるトイレは嫌なので、少し掃除をして頂きたいと思います。

 

そしたら瘋癲さんから、長いメールが来た。

 

家には呼ばないがあなたの家に呼ぶ時はトイレ掃除をしてね、ってのはどうなのか?あなたを軽く見たことは一度も無いからあなたの話は全てあなたの思い込みです。そう思ったことは一度もないが、女性というものは一度思い込むとそう信じるものだから仕方無い。あなたの幸せを祈ります。

 

お茶を濁された気がして返信した。 

 

あなたと同じことをしているだけです。何か違うのかわかりません。

色々聞きたいです。それも面倒臭いですか。

 

返信が来た。

 

話が通じて無いようなので要約します。2通のメールを読んで、あなたへの気持ちが無くなりました。今後あなたが恋愛するのはもちろんあなたの勝手ですが、それに僕の存在を絡めて考えないでください。

 

凄く気分が悪くなった。

軽くみたことが無い?無いのにあんなことを?私が落ち込んだ時の態度は?「電話ください」への無視は?過去の彼女のことは好きだったとか、他の彼女は紹介したとか、そんな話は?出会い系で女性と会うのは?私のことに全く関心を持たないのは??

 

電話したら、出てくれた。優しい声だった。

「まあ、あなたが悪いという訳じゃなくてね」

とゆっくり言った。

それで何を言う気もなくなってしまった。

瘋癲さんだって、もう何も答える気は無いだろう。

 

「僕はこれから出かけるから、ちょっと、このような話をしているこころの余裕は無いんだ。それじゃ」

 

瘋癲さんは面倒臭い展開になるのを避けるときにいつもする態度で、素早く電話を切ってしまった。

 

私は最後に短い御礼のメールを送った。

 

そのあともずっと考えてしまった。

あれは、何だったんだろう?

 

不思議だった。私が何も伝えなければ、何も起きなかったことが。

何も伝えなければ、私が良い感じに楽な状態に進化して、気持ちに余裕を持って会い続けられていたってことが。
(あなたが会ってくれないなら、他の人と過ごすからいいわ)

上手く生きる女性ってのは、そうやっているのだろう。

友達にもいる。2人や3人の男性と会いながら、バランスを取っている女性が。

 

軽く見たことは無いって、「大切に思っていた」ってことなんだろうか。

それとも全然違う感情だったのだろうか。

 

大切に思う女性に、瘋癲さんみたいな態度を取るだろうか。

 

結婚もお金を出すのも嫌で、こころの面倒ごとさえ引き受けないまま気楽に会うのと、

私があなたの世話をする気が無くなったまま気楽に会うのと、何が違うんだろうか。

 

出会い系サイトに登録したまま他の女性と会うのと、

出会い系サイトに登録して他の男性と会うのと、何が違うんだろうか。

 

それを聞きたかった。

その前に、私をどう思っていたのか、一度も聞けなかった。

どちらにしても、気持ちと行動に乖離がありながら、その説明を面倒がる人とやっていくのは、理解不能すぎて、結局私が我慢し続けるしか無いんだなと思った。

 

猫が大好きだけど、わたし餌やるの忘れちゃう人だから、いつも死んじゃうの。

そんな感じなのかな。

それとも、

猫が大好きだから、家の前に来たときはめっちゃ撫でてるの。え?飼うのは面倒だから無理。餌?ゴミとか捨てるのめんどくさいからあげない。

かな。

 

どちらにしても終わってしまった。

お互いにまったく拘束しない、楽な状態で続けていける妙案を発見したと思ったんだけどな。

 

「私も家の前に来たときだけ、めっちゃ撫でることにします」

って言ったら、振られてしまった。

わからない。瘋癲さんの考えていることが。

「僕は女性と付き合いながら他の女性とも寝る男だから」

って言っていた。だからむしろ

「他の男とのセックスの話を聞かせてよ」

くらい言うのかと思った。

そのくらい私には、他の女性とのセックスの話をしていた。

まるでアラビアンナイトみたいに沢山の美しい女性が、

私の頭の中で瘋癲さんに抱かれていた。

 

まあ、わからない人をわかろうとする労力は、未来がある人に対して向けるしかない。

 

曖昧なものが年越し前に全部片付いてしまった。

 

来年はもう、私を大切にしない人には近づかないし、私を大切にしていることが実感できない行動については、大切にしてるって言われても、認めない。

 

そうやって自分を大切にしていきます。

 

でも、でも。

 

瘋癲さん、瘋癲さん、本当にありがとう。本当にあなたは、あなたは、あなたは、

特別な人で、あなたのことは、一生、ほんとに大好きです、私は。

あなたにとって面倒臭い女でも。

 

この話を友達にしたら、皆が「良かったじゃん」と言った。

誰も瘋癲さんの良さはわからないだろうな。

 

珍しくて美しい生き物に心を奪われて、家に連れて帰ろうとしたけど、

私のやり方を提示するほど、彼は不幸になっていく。

身の丈に合わない人を好きになってしまった、というお話だった。

 

体を大事にしてください。あまりお薬飲んで欲しくない。

言っても、全然聞いてもらえなかったけど。

お元気で。

めげずに連絡するかも知れないけど。

わたし、執念深いから。

 

おやすみなさい。

次の人

その人は凄く大きな人で、185センチ、100キロだ。


ネットで話しかけられて、プロフを見たとき、凄く好感が持てた。


やりとりが異様なスピードで進み、すぐ会うことになった。


彼は驚くべきことに出会った瞬間から私の容姿を何度も褒めた。容姿に自信が無かったので、不思議に思った。


そして私の話をとてもよく覚えていて、辻褄が合わない箇所を何度か指摘した。


僕は金盥さんが付き合ってくれたら、寿命が伸びると思う


と言った。


正直で、なんでも口に出してしまう。


ハグしたい!!

というのでハグしたら、

両手を固く握りしめて感動し、

「米好きな人間が米に戻った感じだ!!」

と言った。


一昨日彼の家に行き、家族の残骸を片付けて来た。


そして彼のことがたまらなく好きになった。






終わったんだな、これは

9月末に瘋癲さんから連絡があった

 

仕事終わりに餃子でもどうですか

 

これ最後になるかもな、と思った。

特に会いたい気持ちも無くなっていたけど、会いに行った。

 

餃子屋さんを調べてみたらやすみで、

銭湯もやすみだった

 

瘋癲さんらしい

 

一番最初にご飯を食べた小汚い中華に入って、ご飯を食べた。

 

瘋癲さんは研究と創作の海に入ってしまった。その海は宇宙に繋がっていて、彼は宇宙に透明な眼球を二つ浮かべて、満たされているのだった。

 

彼の話を純粋に面白く聞いた

言ってることが、とてもよくわかった

 

最初の食事のお店で、最後も食事する

 

最初の食事のときも、研究の話を聞いたな。

 

わたし、よく覚えてる

よく覚えてます

 

その後二人で人混みを歩いたとき、あなたはめずらしく

ねえ

と話しかけてきて、私が顔をあげたら、

いま幸せかい?

と聞いてきたのだった

 

暗い海に潜って

月を見上げたり、宇宙に行ったり。

 

布団で身体を撫でられているうち、セックスが始まった。仰向けになったとき、薄く目を開けて、青みがかった光に照らされた瘋癲さんを見た。首を少し傾けて、私を見下ろしていた。

 

その後はもう思い出せない。

これが最後だろうなと思うと、しがみついていたいよりずっと、気持ちの薄いセックスになったのが不思議だった。

 

あなたからは本当に色々なことを教えてもらった。誰といるよりも新しいことを。

 

残念だけど瘋癲さんは、他の女性のように私を好いていなかったのではないかと思う。

 

誰にも紹介してもらえなかったし、あまり大切にもしてもらえなかった。旅行も行かなかったし、目に見えて私に使う時間を惜しがった。

 

本を3冊くれた。大きな手で沢山撫でてもらえた。ここから先はだめ、を徹底してくれた。僕を僕のままでいさせてくれという柔らかな気を常に纏っていた。

 

本当に、本当に、わたしの知りうる男性の中で一番自由で、一番素敵な人だった。

 

最後に会ってから1ヶ月半経った。やっぱり連絡は来ないし、私も連絡しない。

 

私も他の人と付き合う準備ができて、たぶん明日、その人と寝ることになると思う。

 

1年と9ヶ月。楽しかった。

 

誰よりも、都合の良い女で。

 

また、あなたが気が向いたときに声かけてください。

 

今までの通り、あなただけの都合で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの通信を削除した

今日の夕方、メッセージを送った

「今日はお仕事?お茶か、ご飯か、できますか?」

 

めずらしくすぐ返信があった

「今日は友達と会います」

 

悲しくなって畳み掛けた

「明日は?」

「仕事の準備があるので」

 

そこで、もういいや、って思って、今までのメッセージを全部削除した。


辛いときに、誰か一緒に居て欲しいって、それは甘えなんだろうか。


 

 

大切にされていないし、幸せを感じない

瘋癲さんから、全く連絡が来なくなってしまった。

 

私は大切なお客様が亡くなったこともあって、彼の声を聞きたかった。

 

電話しても、しても、出てくれないから、メッセージに

「お時間のあるとき、電話ください」

と書いて送信した。

でも、電話は来なかった。

 

次の日の午後、電話したら、出た。

書類を捜している途中だと言う。

お客様が亡くなったことを話すと、妙な間があった。

その間の感じから、彼に私の話を受け止める気が全くないことがわかった。

「あなたの施術中に亡くなった訳じゃないでしょう」

と言われて、

「そんなことある訳ないでしょう」

と笑った。

また間があった。苦しかったし、悲しかった。

「そういうわけで声を聞きたかったの。また連絡します、次はいつ会えますか」

というのがやっとだった。

 

その後、

「今日会えたら会う約束、行けなくなりました。書類は見つかりましたか?」

とメッセージしたけど、返信は無い。

 

返信。

「ありましたよ」

「見つかりません」

この程度の返信。

 

それすらも、来ない。

 

なんだか、疲れてしまった。

ほんとに、ほんとに、私のこと、どーーーーでも、いいんだな。

 

僅かな時間も取ってもらえない。

泊まる、食事する、お茶する

そんな時間は、取ってもらえない。

電話する、返信する

そんな時間さえも、もう取ってもらえない。

 

他に女性ができたのだろうか。

研究に目が向いているのだろうか。

 

一生懸命、否定したい。

ただ忙しいだけだと思いたい。

 

でも現実は、

「電話する時間も、返信する時間も、私のために、取る気は無い」

それだけだ。

 

悲しい。

寂しい。

でも、仕方無い。

 

最後に聞こうか。

聞かずに終わるのが良い女なんだろうと思う。

でも私は聞きたい。

なし崩しに無かったことにされるのは嫌。

 

聞いて、終わりにしたい。
傷ついても、自分で終わりにしたい。

 

 

少しずつ、遠くなる

久々の久々に瘋癲さんに会った。

 

と、いうのもまあ、

私が連絡したら、

 

パソコンが動かなくなったので家に来られますか?

 

という事務的かつ合理的な返事で、

 

家に帰る電車に乗っていた私としては、行くかどうか迷った。

 

瘋癲さんのような人は、放置すればしたで、恨みも何も言わず、静かになんとかしていく人だからだ。

 

ても、行きました。私はそういう時、行く人です。

都合が良い女と言われちゃうけど、行く人です。

だって、少しでも役に立てたら、嬉しいもの。

 

泊まるとなると準備がいるので、

「私、今夜は帰ったほうがいいかしら?」

と聞くと

「明日の朝は準備があるので・・・」

と返信があったので、泊まらない前提で、直行した。

 

パソコンは5秒で直った。瘋癲さんは極度にパソコンが苦手なのだ。

 

動いたー!ネットは繋がるかな?とパソコン机の前の床に座って言ったら、もう瘋癲さんの手が胸やお尻に伸びて来る。生理中だし、余所行きのワンピースを着ていたので拒否したが、蛸の足のように次から次へと強引に離さない。なんとか振り切って、ご飯に行った。

 

11時になっても「まだ何か頼もうか?」と、とってものんびりしているので、

わたしそろそろ帰らなきゃ、あなたも準備があるでしょう。

と言うと、

準備は明日朝、僕が勝手に起きてやればいいから。

と泊まるように促された。なんだそりゃ。。。。

 

早起きして疲れていたので、コンビニで必要なものを買い、着のみ着のまま泊まることにした。

 

シャワーを浴びにユニットバスに入ったら、今まで見てきた瘋癲さんのユニットバスの中で1番、汚かった。

 

どのくらい汚いかというと、描写を読んだらオエッとくるくらい、清潔好きな人なら間違いなく瞬時に帰るレベル。

 

彼はもう私のためにトイレの掃除さえもしなくなったんだな、と思った。

 

生理中だけどセックスした。彼は舐めて欲しがった。でも彼はシャワーを浴びていなかった。

 

随所に、慣れた感がはっきり見えた。

これから先ずっと付き合う人だったら、家族扱いになってきた、っていう解釈も出来るかも知れない。

 

でも瘋癲さんにそれが無い以上、私は取るに足らないものになったような気がして、何度も寂しく感じた。

 

「もう会えないかと思った」

「今こうして会っているじゃない」

 

この会話を何度もした。

 

それ以上に進まないよう、瘋癲さんが柔らかく、でも絶対に通さない壁を作って覆っていた。

 

瘋癲さんの性欲に任せたままのセックスはすぐに終わって、瘋癲さんはすぐ私の身体を離れて、目を閉じた。セックスの後のお話もしなくなったし、体も撫でてくれなくなった。

 

どうしてだろうって考えても。

 

人の気持ちは、わからない。

 

ただ、私の「好き」が。

 

掃除もしていないその辺の床に、放られていく。

 

そんな感じ。

 

私の「好き」を、よく見て欲しかったけど、大切にしまって欲しかったけど、瘋癲さんはその辺りに放るんだ。

 

それはコンビニのおむすびのラップや割り箸、コピー用紙や大量の埃と一緒に、

 

部屋の中で、ゴミと一緒に足の裏で踏まれていく。

 

そんな味気ない、訪問でした。

 

私が死んでも、また次の人を見つけるだけ。

私が居なくなっても、そっか、で終わる人。

 

でも、最初から「僕はセフレが欲しいんだよね」って言われたとしても、

私は彼の家に行った気がします。

 

完全に、火が消えるまで。

見ていたいです。私は。

 

気持ちが最後の息を引き取るところを、自分の目で見届けたいです。