朗読と王将

瘋癲さんと一緒にいて楽しいのは会話しているときで、
時間を忘れてどこまでも話していたいと思う。
感性が合うので疲れないし、また彼の話をつまらないと思ったことも無い。

ぞくぞくするほど嬉しいときは、朗読してくれるときで、
彼は「読んで」というと読んでくれる。
電話口でも読んでくれる。

落ち着いた声の人から朗読してもらうと、髪の毛が逆立つくらい嬉しい。
どうしてだろう。

何か子供のときの、「今この人を独占しているんだ」っていう思い出がよみがえるのかも知れない。

会話して、散歩して、銭湯に行って、朗読して。

瘋癲さんはお金が無いから、私たちの食事はいつも質素で、お酒をつけた夜のご飯でも一人2000円いくことは無い。

前の彼は食道楽の上、とても稼いでいたので、ランチでもアラカルトを頼む人だった。4000円は普通だった。

夜ともなると私はお酒を飲まず、前の彼は飲んで、二人でだいたい15000円前後、よそゆきのお店だと3万弱だった。

以前は贅沢させてもらっていたな、と思う。(ありがとう)

私は高級食材を楽しむのではなくて、会話を楽しむほうが好きだと知った。

だから王将でも吉野家でも定食屋でも幸せだ。

瘋癲さんと付き合って、初めて吉野家と王将に入った。

どちらも美味しかった。

王将は美味しいけど、大阪王将はそこまででもないそうだ。

私は多分、瘋癲さんと一緒に入れば大阪王将でも美味しいと思う。

おやすみなさい。

#朗読 #王将